2006年08月05日

R・マドリーのフラード、A・マドリーへ移籍ほか

R・マドリーのフラード、A・マドリーへ移籍
 アトレティコ・マドリーは、レアル・マドリーから20歳のMFホセ・マヌエル・フラードを獲得したことを発表した。移籍金は300万ユーロ(約4億3800万円)で、契約は4年。ただし、レアル側が最初の2年で再買い取りのオプションを行使できる契約となっている。
 14歳からレアルの下部組織でプレーし、17歳でトップデビューを果たしたトップ下の才能ある若手が、同じマドリーの最大のライバルであるアトレティコに移籍となったことにより既に論争が巻き起こっている。スポーツ紙『マルカ』のホームページ上では、早くもレアル・マドリーファンから疑問の声が挙がっており、中には、「カペッロは『レアル・マドリーの精神を取り戻す』と言ったはずだ。なのに、レアルの至宝を放出するのか……」という声もあった。
 この移籍についてフラード自身は、「アトレティコ・マドリーで新たなスタートを切れることになって満足している。もっと1部の試合に出たいと思っていたし、経験を積みたかった。ただ、既にそういったチャンスを与えてくれていたレアル・マドリーには感謝したい」と述べた。

★レンジャーズがセボ獲得
スコットランドプレミアリーグ・レンジャーズは3日(同4日)、スロバキア人FWフィリップ・セボ(22)=オーストリア・ウィーン=を移籍金約260万ユーロ(約3億8000万円)で獲得したと発表した。

★ウィガンがエクアドル代表MF獲得
イングランドプレミアリーグ・ウィガンは3日(同4日)、エクアドル代表MFルイス・アントニオ・バレンシア(21)=ビリャレアル=の期限付き移籍での獲得に合意したと発表した。ドイツW杯で全4試合に先発出場した。

★ファンニステルローイが実戦デビュー
イングランドプレミアリーグ・マンチェスターUから先月27日にスペインリーグ・Rマドリードに移籍したオランダ代表FWルート・ファンニステルローイ(30)が、3日(同4日)のセリエA・レッジーナとの親善試合で実戦デビューした。前半45分間のみの出場で無得点に終わり、試合は1−0で勝った。

posted by hide4 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Transfer [移籍情報] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21974958

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。