2006年08月03日

フランス代表ビエラ、インテルへの移籍正式決定 ほか

フランス代表ビエラ、インテルへの移籍正式決定サッカー、フランス代表MFビエラのイタリア1部リーグ(セリエA)ユベントスからインテル・ミラノへの移籍が2日、正式に決まった。移籍金は950万ユーロ(約14億円)。
 不正問題で2部(セリエB)降格などの厳罰を科されたユベントスからは、既にイタリア代表DFカンナバロやザンブロッタらの移籍が決まっている。(AP=共同)

ヘラクレスがビーセスワールを獲得ヘラクレスは18歳のビーセスワールをフェイエノールトから1年間の期限付き移籍で獲得した。
 左ウイングのスラウターがリテックス・ロベチ(ブルガリア)に移籍したため、ヘラクレスは左ウイングを探していた。
 資質的には左サイドアタッカーというよりストライカータイプのビーセスワールだが、テストマッチ3試合を経てチームで機能することが確認されたため、正式にチームの一員となった。

セビージャがチェバントンを獲得
セビージャがモナコよりウルグアイ代表FWチェバントン(25)の獲得を発表した。契約は5年。
 チームは日本ツアーを控えており、4日に新潟戦(19時半キックオフ)、6日に磐田戦(18時キックオフ)の計2試合を行う。チェバントンの合流は、ツアー中の3日になると公式HPで発表された。

マンUがキャリックを獲得
マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は、イングランド代表MFマイケル・キャリックの獲得を発表した。月曜日の夜にトッテナム・ホットスパーと合意に達した。
 マンUの公式サイトの発表によれば、前所属クラブのトッテナムには2000万ユーロ(約29億2000万円)が支払われるとのこと。すでにキャリックとユナイテッドとの契約は完了したものの、その詳細は明らかにされていない。

アルゼンチン人ソモサがビジャレアルに入団ビジャレアルは7月31日、アルゼンチンのべレスから獲得したレアンドロ・ソモサ(25)の獲得を発表した。契約年数は5年で、ポジションは中盤のボランチ。
 入団会見の内容は以下の通り。

シエナのセラフィーニがブレシアへ
シエナはFWマッテオ・セラフィーニを完全移籍の形でブレシアに放出した。ブレシアとの契約の詳細はこれから決定されることになるが、すでにセラフィーニはキャンプ地のシャティヨンを出発している。
 一方、ダニエレ・コルビアはシエナでの練習を開始。まだ移籍の正式決定を待っている段階だが、ローマは彼がシエナの練習に参加することを認めた。両クラブの共同所有の形での移籍になる見通し。

アイマールがサラゴサに移籍
 サッカーのスペイン1部リーグ、サラゴサは29日、アルゼンチン代表MFアイマール(26)を、同リーグのバレンシアから4年契約で獲得したと発表した。

ミラン加入のボネーラ「ずっとミランのファンだった」ミランは、新加入のDFボネーラの正式な入団発表を行った。「自分の移籍にびっくりした」というのが、ミランに加入したボネーラの第一声である。ボネーラはパルマから完全移籍の形でミランに移った。
「晴天のへきれきだよ。パルマのキャンプ中に代理人から電話があったんだけど、最初はジョークかと思った。ずっと前からミランのファンだったから、夢が実現したようなものだ」
 出場停止のため、残念ながらチャンピオンズリーグの予備戦第1戦には出場できない。
「そのことはクラブから聞いた。ほかの選手たちはうまくやってほしい」

トンマージ、レバンテ入団会見を行う
ローマからレバンテに2年契約で移籍したダミアーノ・トンマージ(32)が29日、バレンシアに到着し、メディカルチェック後に市内のホテルで入団会見を行った。
「レバンテへの移籍は、私にとって新しい経験となる。とても満足しているし、このチームで早くスタートを切りたい」と意気込みを語った。イタリア国外への移籍となった動機については、「新たなモチベーションを見つけるため、環境を変えたかった」と胸の内を明かした。
 会見はイタリア語での回答となったが、スペイン人記者からのスペイン語での質問に対しても、通訳をつけずパーフェクトに聞き取っていた。オーストリアで合宿中のチームには、週明けに合流予定となっている。トンマージの新たなチャレンジが、スペインで始まる。

ファンニステルローイ、レアル移籍へサッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドがオランダ代表FWファンニステルローイの放出についてスペイン1部リーグのレアル・マドリードと合意したとスペインのラジオ局が27日伝えた。
 3年契約で、移籍金は1500万ユーロ(約22億円)。28日にマドリード入りする予定だという。(AP=共同)

森本カターニャ入団会見「ここで成長したい」サッカーのJリーグ2部(J2)、東京Vからイタリア1部リーグ(セリエA)のカターニャに期限付き移籍した森本貴幸(18)が27日、キャンプ地のオーストリア・フェルトキルヒャーで入団記者会見し「新しいところでやることにわくわくしている。トップチームで試合に出られるよう頑張りたい」と抱負を語った。
 カターニャによると、1年契約で、来年4月末までに完全移籍するオプションもつくという。会見でユニホームを身にまとった森本は「着心地がいい」と語り「カターニャが呼んでくれたので、ここで成長したい」と海外での飛躍を誓った。背番号は未定。(共同)
posted by hide4 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(1) | Transfer [移籍情報] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ACミランのチャンピオンズリーグ予選
Excerpt: ミラニスタの熱い応援!  9日にローマからミラノへ移動してきた。理由は簡単。当日はイタリアの強豪・ACミランが欧州チャンピオンズリーグの予選の試合を行う日だったからだ。相手は元日本代表の..
Weblog: ユーロフットボール放浪記
Tracked: 2006-08-17 19:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。