2005年12月07日

12.07CLグループステージ ミラン-シャルケ レポ 〜薄氷〜

ミラン 3-2 シャルケ

ミラン

ジダ
スタム
マルディーニ
ネスタ
セルジーニョ
ピルロ
セードルフ
ガットゥーゾ
カカ
インザーギ
シェフチェンコ

低調ミランはこの試合に予選リーグ突破をかける。
勝てば文句なし予選突破となるこの試合。カカが先発復帰。
さらに不調のジラルディーノに代わりピッポ・インザーギが先発。
一方のシャルケはサブにアサモアが復帰。
第一戦はあのアルティントップの素晴らしいゴールで同点に持ち込まれたこの対決。
面白い、厳しい戦いになることは間違いない。


前半キックオフ。
立ち上がりガットゥーゾのチェイシングを見る限り、本気の模様。この試合の大切さが伝わってくる。予想どうり中盤で激しくぶつかり合う展開になり両チームなかなかシュートゾーンに持ち込むことが出来ない。
前半18分ミランに最初の決定機が訪れる。中盤でガットゥーゾがボールカット、キーパーと相手DFの連携のミスからカカがゴールに迫るものの得点ならず。
さらにショートコーナーからピルロのミドル。カカに当たり、シェバが詰めるが得点にはいたらず。
26分マルディーニがアルティントップにボールを奪われてシュートまで持ち込まれる。このシュートはゴールを捕らえることは出来なかったがDFラインでの判断ミスは致命的である。
30分そのマルディーニに代わりシミッチが入る。スタムが真ん中、シミッチが右に。
30分以降ミランはカカ、インザーギらを中心に攻め、シャルケが守るという形が完全につくられたがゴールには至らない。特にカカ→ピッポという形であと一歩というところが2度ほどみられた。
42分ゴール30メートルの位置からのFK。この位置からでも迷い無く狙ってくるのはピルロ。ボールは美しい弧を描いてネットに突き刺さる無回転シュート。キーパーは触ることすら出来なかった。1−0。
しかしこの喜びも束の間、ミラン側ペナルティーエリア右からのFK。リンコンからのボールはファーサイドに。ここで待っていたのはフリーのポウルセン。ヘディングで難なく決めて1−1。シェフチェンコのマークが外れていた。ゴール直後のサイドからのセットプレーでの失点…。繰り返しますがキエーボ戦のレビューのコピー
〜相手のサイド攻撃に対し、ボールに目が行きマークを見ていないいつもの形。
正直見飽きましたので修正を願いたい。〜
そのまま前半終了。1−1。
ミランが押し気味で前半を終えた。グループEのもう1試合はPSVが1−0でリード。


後半開始。
開始とともにエルンストに代わりアサモアが入る。シャルケはアクセル全開で攻め入ってくる。
一方のミランは集中力が切れたような状態。
こんな状態でミランのシェバ-カカホットラインが発動。52分シェフチェンコが自陣でボールを受け、相手をなぎ倒すドリブル突破。カカにパスを出し、右サイドでボールを受けたカカがシュートを決める。2−1。
このゴールで勢いに乗ったミランは相手のミスを逃さない。相手陣内での連携ミスをピルロがカット、インザーギ、シェフチェンコとつなぎシュート。シュートはヒットしなかったがカカが詰めて3−1。
一方のシャルケは全力で攻め込んでくる。66分35メートルのFK。シュートはシェフチェンコにカットされるもこぼれ玉はリンコンに。この位置からシュートを狙いボールはシェフチェンコに当たりゴールに吸い込まれた。3−2。
点の取り合いとなったこのゲームは75分にはシャルケの時間帯であったが、クラニィのブレーキもありフィニッシュには持っていけない。
相手と交錯したシミッチに代わりカラーゼが登場。再度スタムが右に入り、カラーゼがセンターに
さらに84分インザーギからジラルディーノに。あまり意図が伝わらない。
そしてロスタイム4分を消費し試合終了。3−2。
試合後もシャルケの選手とガットゥーゾがやり合っていた。

苦戦は予想されたが、なんとかグループステージを首位で突破。2位はPSV、3位シャルケとなった。この試合に関していえばカカに救われた。ただ2失点している事実も受け入れなければならない。
週末ミラノダービーではマルディーニのコンディション、モチベーションが心配ではある。


勝手に採点!

ジダ 5.5 被シュート時に体勢を崩しすぎ、次に備えられない
スタム 6 DF 右、中央とまずまず
マルディーニ 5 決定的なミスが目立った
ネスタ 5.5 統率を!
セルジーニョ 6 守備に活躍
ピルロ 6.5 あのFKはベストゴール。中盤でボールを失いがち
ガットゥーゾ 6.5 前半の守備はチームを勇気付けた
セードルフ 6 もう少し存在感を 
カカ 9 この人のゲームであった
インザーギ 6.5 決まらなかったが56分のボレーは印象的
シェフチェンコ 5.5 らしさが見られない

シミッチ 6 ディフェンス一辺倒
カラーゼ - 
ジラルディーノ - 

アンチェロッティ監督 6 ジラルディーノの投入の意図が?
この記事へのコメント
こんばんは。

本当にこの試合はカカの試合・・・といってもいいくらい、カカがよかったですね〜。
カカのあの怪我の治りがあと一週間遅かったら・・・なんて思うと、怖いですよ〜苦笑。

やっぱりミランのDFは変わらなくちゃいけないですよね。
1点獲って逃げ切れた時代とは、もう違いますもんね・・・苦笑。
ネスタだって結局もう30に手が届きそうな年齢なんだし・・・;;;
Posted by YOSHI-CO at 2005年12月07日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミラン3−2シャルケ04  面白い試合だった!!
Excerpt: ミランは2点以内のドローで勝ち抜け・・・実質的にはスコアレスドローというのが理想かな。シャルケは勝てば勝ち抜け・・・実力的にはミランの方が数段上だが、何があるか判らないのがサッカー・・・クラニーが爆発..
Weblog: のぶたと南の島生活in福岡
Tracked: 2005-12-07 08:02

★ミラン×シャルケ04
Excerpt: いや〜〜心臓に悪い試合でした〜(^_^;)。 ミラニスタ、シャルケサポ以外の人が見たら、「面白い」試合だったと思います。 この試合はなんと言っても、カカでしたね!! ミランが決勝Tに進めて本当に..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2005-12-07 17:57

シャルケ戦結果
Excerpt: サンシーロで行われたCLグループリーグ最終節のシャルケとの対戦。ミランは、ピルロの絶妙FKとカカの2ゴールで粘るシャルケを振り切り、3-2で勝利した。これによりミランはグループEを首位で通過し..
Weblog: My Football Life
Tracked: 2005-12-07 18:52

"待ってましたよ〜カカー”☆ミラン決勝T進出!☆
Excerpt: CL最終節・・・しっかりACミランが勝ってくれました(正直皆さんもそうでしょうが・・・怖い試合内容でした・・・) この大事な一戦で大活躍してくれたのが、ケガから復帰したカカーでした後半の勝負所でしっ..
Weblog: 【しろうとサッカー研究所】
Tracked: 2005-12-07 21:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。